2019年11月20日

乳液は守る役目を担う!

乳液はなぜ必要なのか?

男性の場合、大抵は化粧水をつけたら終了なパターンが多いかと思います。
よくわからないとあまり付けようという気にはならないですね。

そもそも乳液はなんなのか?

せっかく潤いを入れ込んでもそのままでは簡単に蒸発してしまいます。
乳液とは、そんな肌に入れ込んだ潤いが蒸発するのを防いだり保護したりする働きがあります。

 

乳液には油分があり、男性の場合皮脂の分泌が盛んなので必要ない場合もあります。

 

 

また簡単に肌タイプ別にみてみましょう。

肌タイプと化粧水のブログをまだみてない方はこちらからどうぞ!
http://wp.me/p7aZgo-1nP

 

 

肌タイプ別乳液の使用パターン

①オイリー肌の方
オイリー肌の方は先ほども書いた様に、乳液が必要ない場合もあります。
つける場合は、薄くのばす程度で大丈夫。
先に入れ込んだ化粧水の蒸発を防ぐ擬似的な保護膜を作る働きもあるので、最低限の量を補う必要はあります。

②乾燥肌の方
乾燥肌の方は化粧水でしっかり水分を与えた後は必ず乳液で油分を与えて下さい。
水分と油分のバランスを整えることが乾燥から守ることにつながります。

乾燥が気になるところに何回かに分けて塗布するのも効果的!
目元口元など特に乾燥するところは重ね付けも◎です!

③混合肌の方
混合肌の方は部分的に油分の分泌量が違う可能性があるのでベタつきが気になるところは薄く、乾燥が気になるところは重ね付けをする様にしましょう!


僕も混合肌寄りなのでTゾーンは薄くつけ、ホホとフェイスラインにはしっかり重ね付けを意識します!

 

つけなかった頃はお風呂上がりかさかさ粉吹きさんだったのがしっとりもちもちになってきました!

 

 

何よりも継続することが1番だと実感できます。

お肌に潤いがあるとハリや弾力が出るので、若く見えたり健康的に見えたりします。

これは特に人に会う機会や仕事盛りの年齢の人には今後不可欠な部分になってくると思います。

 

これは、社会に女性が進出する様になりその様な視点が増えたこともとても関係があると思います。そしてその流れは今後もどんどん加速するので、スキンケアなどの身だしなみは歯磨きと同じ様にエチケットになっていく様に思います。

 

そんな時に遅れをとらない様に早めにトライしておくのが良いと思います!!