アラバキロックフェス2018後編

アラバキロックフェスはキャンプも楽しめます。
初日のトリのストレイテナーを聞き終えた頃にはすっかり陽も落ちて日中とは想像もつかないくらい劇寒になります。

ですが会場を賑わす出店や展示アートなどに光が入り日中とは全く違った世界に。



各々散り散りになっていたメンバーも戻ってきてしばしの宴。

次の日は起きたらホットサンドを作ってテントを畳んでゲスの極み乙女を見に行き片道30分歩き、その後また30分移動して反対のステージで THE BACK HONEを見てアジカンのリライトを聴きながらマキシマムザホルモンを聴きにダッシュ!
マキシマムザホルモンが今回僕の1番たのしみでした。
めちゃくちゃ楽しかった…
BRAHMANを久々に生で聴きながらオオトリのエレカシ。

 

エレカシかっこよすぎて泣ける…(30周年おめでとうございます)
久しく歌詞のある曲をきいていなかったが本当に言葉や歌詞に込められた思いみたいなものをひしひしと感じた気がした。

みんなで最後にまた来年といって別れた。

来年もまた来たい。

本当に楽しかった。

迷っている人がいたら是非来年は足を運んでほしい。

以上アラバキロックフェス2018の日記でした!